2009年10月11日

ときめきミッドナイト

私が小学生の時(あ、年齢がバレる・・・)に夢中になった少女漫画『ときめきトゥナイト』。
その作者自身が描いたパロディです。(最近、大ヒット作の続編を描く作者はけっこういますが、セルフパロディを描く人って珍しい気がします)

ときめきミッドナイト 9 (りぼんマスコットコミックス クッキー)ときめきミッドナイト 9 (りぼんマスコットコミックス クッキー)

集英社 2009-08-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実は、結構前からその存在自体は知ってはいたんですが、何しろいろんなサイトで評価が激悪で・・・(苦笑)『トゥナイト』のイメージを壊さないためにも読まない方が無難かな・・・と思って避けていたんです。
でも最近、ふとした拍子に読みたくなり、9巻分オトナ買いしちゃいました(笑)

【↓ 注意:以下、ネタバレ含みます ↓】

続きを読む "ときめきミッドナイト"

2009年2月11日

ガラスの仮面(43)

思ったより早く出てよかったよ~!!

ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ

白泉社 2009-01
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

登場人物自体が昭和の時代から全く変わってないのに携帯が登場したりなど、違和感は否めないのですが、まあ、そのへんは仕方ないとして・・・(別に昭和のままでよかったような気がするんですけどね)。
でも、マヤ&真澄がくっついてほしい派の私としては今回の内容はなかなか嬉しかったです。
桜小路くんは昔からすきにはなれませんね~。
もちろん真澄のライバルっていうのもあるけどそれ以前に・・・私のタイプではないので(って私の好みなんてどうでもいいって?笑)

続きを読む "ガラスの仮面(43)"

2008年10月25日

青い鳥症候群

4091347118青い鳥症候群(シンドローム) (1)
河野 やす子
小学館 1999-10

by G-Tools
これ、相当前に買った本なんですけど、久しぶりに読んで再び再燃しました(笑) 新書版は全4巻なんですが、なぜか2巻だけ持ってなかったんです。 で・・・再燃したので2巻も読みたいなーと思ってネットで購入しました(笑) 思っていたよりも濃い内容だったので満足です。買ってよかった。

【↓ 注意:以下、ネタバレ含みます ↓】

続きを読む "青い鳥症候群"

2008年1月31日

アナトゥール星伝 1

アナトゥール星伝 1 (1) (PIANISSIMO COMICS)アナトゥール星伝 1 (1) (PIANISSIMO COMICS)
折原 みと

ポプラ社 2008-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
私の大好きなアナトゥール星伝が、ついに漫画化されましたっ! もちろん、作者は折原先生。 小説と挿絵が同じ人だと、こういうときにイメージが変わらなくて嬉しい。

もちろん一気に読んじゃいました!(笑)
おおー!動きのある王子とユナちゃんだーーーー!
この漫画の1巻は『金の砂漠王』の途中(かなり後ろの方だけど)までの内容。
『金の砂漠王』は、アナトゥールシリーズの中でも私的にかなりお気に入りの一冊。もしかすると一番好きかもしれないなあ。
小説では、少しずつユナちゃんと王子の心の距離が縮まっていく過程が自然なんだけど、漫画だと少し唐突と言うか、ちと展開が早い(^_^;)でも誌面の都合で仕方がないですよね。
でもその分、漫画でしか味わえない躍動感があったり、登場人物の細やかな心の動きを表情から読み取れたりするし、新しいエピソードなんかもあったりして、充分楽しめました。

続きを読む "アナトゥール星伝 1"

2006年7月28日

ボクを包む月の光[3]

ボクを包む月の光 3―「ぼく地球」次世代編 (3)
ボクを包む月の光 3―「ぼく地球」次世代編 (3)日渡 早紀

白泉社 2006-07-19
売り上げランキング : 91
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

不朽の名作、というか個人的に多分今まで読んできた中で一番大好きなシリーズが『ぼくの地球を守って』。
それに対しての思い入れが強すぎて、それが終わってしまってからの日渡さんの作品は全然読んでいなかったのです。
そのシリーズの次世代編として、この『ボクを包む~』が出ていたのは分かっていたのですが、それにもまたあまり興味がなかったので読んでいなかったのですが…。
某所で、3巻では、以前の『ぼく地球』の世界がかなり入っているよというのを聞いて、買ってみました。
買って正直な感想。
「買ってよかったあ~~~!!」
です。
輪くんの心が本当の意味で開放された瞬間は心からほっとしちゃいました。(漫画の登場人物に対してこういうのはおかしいかもしれませんが)

続きを読む "ボクを包む月の光[3]"